沖縄の住み込み(社宅・寮・家賃補助あり)可能な病院施設まとめ。看護師短期勤務(プチ移住目的)の求人は少ないですが諦める必要はありません。

okinawa-nurse-dormitory

沖縄の病院やクリニック(診療所)では、移住を目的に県外からやってくる看護師を受け入れる為、『看護師寮』『マンション・アパートの家賃補助』『借入社宅』等、『住まい』について積極的にサポートしている場合が多く、一部では短期勤務にも応じています。

沖縄への移住を希望する看護師は、プライベートで観光やマリンスポーツを楽しむという目的がある為、時間的にも金銭的にも効率よく働きたいという思いがあり、このような受入体制の充実は、一定数の看護師確保に成功しています。

県外看護師の受入に積極的な医療施設の中には、『短期勤務(6ヶ月〜1年)』の求人や、更には『超短期勤務(3ヶ月〜6ヶ月)』というプチ移住者にとっては非常に都合の良い働き口が見つける事も、やり方によっては可能性ゼロではありません。

この記事では、沖縄移住を希望する看護師が要チェックの『看護師寮付き住み込み可能な沖縄の病院一覧』のご案内します。移住計画中の情報源としてお役立てください。最後に、一般的には難しいとされる沖縄の短期求人を見つける方法についても少し触れたいと思います。

スポンサーリンク

住み込み可能な(看護師寮・社宅・家賃補助)がある沖縄の病院施設一覧

豊見城中央病院

豊見城中央病院

浦添総合病院

浦添総合病院

大道中央病院

大道中央病院

南部病院

南部病院

タピック 宮里病院

タピック宮里病院

平和病院

平和病院

沖縄県立 宮古病院

宮古病院

かりゆし病院

かりゆし病院

沖縄の看護師短期求人募集を手っ取り早く見つけるには?

看護師の慢性的な不足という背景や、沖縄特有の医療体制が手伝ってか、6ヶ月〜1年間の短期勤務についても受け入れる医療機関も比較的多く見受けられます。しかし、長期旅行の感覚で沖縄行きを願望する看護師(3ヶ月程度の超短期勤務)もおり、流石に受入体制が充実している沖縄であっても、そういう求人を見つける事は簡単な事ではありません。

恐らく、沖縄移住を画策している現在も、看護師として仕事をされているでしょうから、沖縄へ行きたいという気持ちがあっても、情報収集もままならず、失敗もしたくないという事で、前へ進める事自体が難しいという方もおられるでしょう。そういう看護師さんにとっておきの方法は、『沖縄応援ナース』という民間サービスを使う事です。

県外看護師を受け入れたいという医療機関と、沖縄移住を目指している看護師を結びつける事を専門にしているので、スムーズに仕事を見つける事ができます。また、仕事のサポートだけではなく、移住に関する不安についても相談に乗ってくれたり、同サービスを利用して沖縄へ移住した看護師仲間とも繋がれるで、とても心強くバックアップしてくれます。

根気よく情報収集すれば、一人でも働き先や住む所を見つける事はもちろん可能です。沖縄移住を有料でサポートしてくれるサービスもたくさんあります。しかし、沖縄応援ナースは、実際に働くあなたの変わりに働き口を見つけたり、採用担当者と採用条件の交渉をしてくれますので、採用時の面接免除や、引越費用や交通費の補助も受ける事ができます。

沖縄応援ナース体験者の声

冒頭にも書きましたが、沖縄への移住希望者は多く、その需要を活かし、医療施設に看護師の紹介料をもらうというビジネスモデルですので、看護師のみなさんは、沖縄応援ナースの利用料は一切発生しません。また、サービス登録をしたからといって、希望する仕事や条件が合わなければ断る事ももちろん可能です。看護師側に有利な事ばかりですので、沖縄へ移住する看護師はこのサービスを利用するケースが多く、紹介実績は数千人にも及ぶようです。

沖縄移住を実現する為のひとつの選択肢としてチェックしておいてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄の医療現場の現状
沖縄と本土の医療現場を経験した看護師が証言!沖縄の医療現場の特徴はこんなところ

沖縄応援ナースを利用し体験談を語る看護師
沖縄移住成功者インタビュー!応援ナース体験談&TVニュース動画

看護師の沖縄移住準備
沖縄移住希望の看護師必見!現地で困らない為に必ずやっておくべき5つ前準備

沖縄県の臨時的任用職員採用情報
沖縄県下にある国立病院・公立病院が募集する臨時的任用職員の採用情報まとめ

看護師が沖縄移住を後悔した瞬間
沖縄に移住した看護師に聞く!移住を後悔した理由ベスト3